当院で行う各種検診

当院では各種検診として、以下の検査を行っています。名古屋市子宮がん検診のクーポンをご利用いただけます。

受診予約をする

子宮がん検診

子宮がん検診には、子宮頸がん検診と子宮体がん検診があります。それぞれの内容は次の通りです。

子宮頸がん検診

子宮入口部分のことを子宮頸部と呼びます。この部位がHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することで発症することが多いことが知られています。多くの場合は感染しても持続しにくいのですが、それでも同ウイルスに長期に感染し、それによってがん化を引き起こし、子宮頸がんを発症することがあります。

同疾患は30代後半の女性の患者数が多いですが、発がん年齢は年々、低年齢化しています。そのため20代の同疾患の患者さんも増えてきています。

主な症状ですが、発症初期は自覚症状が出にくいとしています。ただ病状が進行すると、性交時に出血、おりもの異常、不正出血、下腹部痛などがみられるようになります。

子宮頸がん検診について

検査内容に関しては、問診・視診、内診(医師が腟の中に指を挿入し、内部の様子を触診によって診察)、頸部細胞診になります。

頸部細胞診は、特殊なブラシ等を腟より挿入していき、子宮頸部あるいは頸管内の粘膜を擦るような形で採取します(採取時に痛みを伴うことは少ない)。その後、採取された組織にがん細胞や前がん病変があるかどうかを顕微鏡で調べていきます。

その結果、子宮頸がんの発症が疑われるとなれば、必要に応じて高次施設へご紹介させていただきます。

なお名古屋市では、20歳以上の女性を対象に子宮がん検診を実施しています。詳細につきましては、名古屋市の公式サイトをご覧ください。

名古屋市の「子宮がん検診」は→こちら

子宮体がん検診

子宮体部、いわゆる子宮本体の子宮内膜に発生するがんになります。発症にはエストロゲンが関係しているとされ、閉経後の女性に発症することが多く、40代後半~60代の世代に発症しやすいと言われています。閉経前であっても、出産未経験、肥満、月経不順、閉経年齢が遅い、エストロゲン製剤の使用、糖尿病や高血圧症に罹患している等もリスク要因として挙げられます。

主な症状ですが、不正出血がみられます。とくに閉経後にみられるのであれば注意が必要で、速やかに検査を受けられるようにしてください。そのほか、おりもの異常(量が増える、血が混じっている、膿が混じり悪臭を放つ 等)、排尿時の痛み、性交痛、下腹部の痛みが出ることもあります。

子宮体がん検診について

検査内容ですが、問診や内診等を行った後に内膜細胞診を行います。これは、ブラシのような特殊な細長い器具を腟から子宮内に向けて挿入し、器具を回転させるなどして子宮内膜の細胞を一部採取していきます。その際にチクッとした痛みがみられることもあります。なお採取した細胞にがん細胞があるかどうか、顕微鏡で調べていきます。

その結果、陽性もしくは擬陽性、陰性でも子宮体がんの症状(不正出血 等)があるという場合は、内膜組織診を行います。同検査では、ゾンデキューレットと呼ばれる細長い器具を用いて、子宮内の組織を削り取っていきます。その際に痛みが伴うこともあるので、局所麻酔を行います。これによって確定診断をつけるほか、悪性度などもみていきます。

性感染症検査

性病(性感染症)に感染しているかどうかを調べる検査が性感染症検査です。検査内容に関しては、疑われる性感染症によって異なります。

具体的には、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、腟トリコモナス症につきましては、おりものや尿を採取し、細菌の有無を顕微鏡で調べる細菌検査を行います。また、梅毒、HIV、B型肝炎等については、血液検査となります。上記以外の性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマにつきましては、視診のみで診断がつくこともありますが、確定診断として血液検査、組織診(患部の一部を採取し、鑑別をつける)を行うこともあります。